matsufumiのブログ

地域の情報、趣味のジョギング、自転車、アウトドアなどについて書き残していこうと思っています。コメントなど遠慮無く残して頂けるとありがたいです。

SOYAN 3D VR メガネ

 段ボール製のcardboardは以前購入してありました。ベルトがなく片手が塞がるために、安価でベルト付きの物を探してみました。

 デザイン的なこだわりは無いのですが、落ち着いたものを探しているうちにこの商品にたどり着きました。

 

 

 

f:id:moonho:20160612095045j:image

包装はシンプル。

f:id:moonho:20160612095059j:image

対応サイズやら何やら書かれているけれど購入前にはわからない情報。今見せられてもって感じですが最近のスマホならほぼ対応してそうですね。

f:id:moonho:20160612095108j:image

開けるとこの状態。

f:id:moonho:20160612095121j:image

説明書、謎のひし形のアクセサリ、クリーニングクロス。

f:id:moonho:20160612095132j:image

メーカー名が書かれてます。

f:id:moonho:20160612095140j:image

裏側にはNFC(Near Field Commuication)とあります。どうやらNFCタグの様ですね。iPhoneにはNFCを編集する機能、アプリは現状無いので関係なさそうですね。

f:id:moonho:20160612095156j:image

保護フィルム付きの正面。

f:id:moonho:20160612095242j:image

保護フィルムをとって、

f:id:moonho:20160612095259j:image

ファインダー側にも保護フィルム。

f:id:moonho:20160612095314j:image

こちらも保護フィルムをとって、

f:id:moonho:20160612095332j:image

 スマホを装着する側。ディスプレイ側には傷が付かない様に緑色のスポンジが貼られています。

f:id:moonho:20160612095347j:image

裏側にはズレ無いように吸盤。

ケースがよほど不規則な形をしていない限りは機能しそうですが、実際ケース無しでiPhoneを装着してみたところ、それでも横滑りはするので、もう少しスポンジを足しただけ(吸盤無しで圧迫を強くする)でも良かったのではないかなと思われます。自分で改造するのもアリかもですね。

上部にある調整用のハンドルで横幅、奥行きの調整が出来るので、没入感も多少高まった様な気がします。

 

ただ、少し使ってみた感想としては現状iPhoneにとってはただ鑑賞するだけのメガネにしかならないってところです。googleが進めてる分野なので、iPhoneとはまだまだ相性が悪そう。

Bluetoothでコントローラーを繋いでって手もあるけれど、探さないと目の前にアプリが出てこないところを見ると、Androidでの方が楽しめる可能性は高そうです。

 

Google Cardboard I/O 2015 ハコスコ社製

Google Cardboard I/O 2015 ハコスコ社製

 

 以前購入したハコスコのcardboard。

現在売られているものは少し形状も変わっている様ですね。

f:id:moonho:20160612095403j:image

段ボールを折って組み立てるタイプ。

f:id:moonho:20160612095419j:image

ここにもNFCiPhoneには無縁。

f:id:moonho:20160612095427j:image

最初はこの丸い物(磁石)が何なのか分かりませんでしたが、使い方を知ると「ほぉー!」となりました。cardboard内にスマホを装着するとタッチパネルに触ることができないので、選択用のスイッチ(スマホの磁気センサーを利用して磁場を乱すことによって指示を送る仕組み)なんですね。ただ、説明書きが見当たらなかったので気付くまでにかなりの時間がかかりましたが。

 

 今回購入したメガネにはスイッチがありませんでしたが、コントローラーを使用すればそれなりのアプリが登場した時に使えるかなと思ってます。

iPhoneに期待するよりは素直にPSVRを買うのが一番近道かな、、、。

広告を非表示にする